酵素で代謝力をアップ  自分で治すHowToDo♪

< 酵素が足りないと元気が出ません >

酵素とは「生物が生命活動を行う上で必要不可欠な栄養素」であり、
生体内で合成されるタンパク質の一種です。



体内で合成される酵素は「潜在酵素」と呼ばれ、目的に応じて・・・
「消化酵素」「代謝酵素」に振り分けられています。

● 消化酵素とは?
食べたものを分解(消化)する為の酵素で、口中の唾液から分泌されるアミラーゼなどはデンプン(炭水化物)を消化する酵素です。

< 消化酵素の一覧
 >

食物酵素も代謝酵素も本来は同じ物です。 
  ※その都度必要な方の働きをします。

1.「消化酵素」=食べ物を消化するのに使われます。
(唾液や、胃液、腸液などに多く含まれます)

  ◆ ご飯などに含まれるデンプンを分解する→ アミラーゼ
  ◆ 肉などのたんぱく質を分解する     → プロテアーゼ
  ◆ 脂肪を分解を分解する          →  リパーゼ

これらが体内で働き、分解された栄養素は小腸で吸収され、身体中に行き渡ります

● 代謝酵素とは?
身体の動きを司る酵素で、呼吸をしたり脳活性をしたり、内臓器官(心臓や肺など)の活動を動きをさせる働きをします。

働きが弱ると頭がボーッとしたり疲れ易いなどの状態になります。 
各臓器には、固有の代謝を司る酵素があります。


人の身体はエネルギー源が無ければ動けないため、体内に取り入れられた食べ物は
優先的に 「消化酵素」の材料として利用されます。
そのため体の元気を司る「代謝酵素」が不足して体の動きが制御されます。

※ 食べ過ぎなどで、消化に負担が掛かるときは・・・
 「健全な代謝が行われません」。

※ 一方、体調不良の時は、・・・
「体の回復に代謝酵素が多く使われる」 ため、消化はおろそかになり「消化不良」などの症状が出ます。


※ 「消化酵素」 と 「代謝酵素」 は相反する動きをします

動物が病気になるとじっとしてエネルギーを温存するのはこのためです。


※ 酵素をバランスよく利用するように心がけましょう♪

< 酵素の材料は善玉菌 >



腸内菌の「HDL」(善玉菌)は 酵素の原料です。
善玉菌が少なくなると「生命維持」も難しくなりますので

< 体内の善玉菌の量の「下限」は決められています >

  40mg/dl未満

健康診断の「血液の検査欄」 の血清脂質の項目
HDL 量が40mg以上をキープするように食事の摂取を心がけましょう!





※ 年齢とともに体内の酵素量は減っていくので外部からの摂取が大切です。

若い頃は体内酵素量は多く、消化酵素を使っても残り半分が代謝酵素として働いてくれるため、体内に溜め込む必要がありませんが、30代から急激に減少します。

食べ物をエネルギーに変換する「酵素量が減っていく」 のにかかわらず、食事の量が変わらなければ、「代謝が追いつかず太りやすく」なります。

中年に差し掛かったら酵素量を考えて、補給する、または食事量を減らしていくことが必要です。





糖のエネルギー変換は1g当たりで 4kcal
タンパク質・脂肪の燃焼カロリーは 9kcal

私は糖質資源を始めて燃焼率が良くなり至極健康体に♪
エネルギー効率を考えると「低糖質 高たんぱく食」はおススメです。

※ 良く聞かれる「お腹はすかないの?」と言うご質問
糖質中心よりMEC食などの高たんぱく食は「腹持ちが良く」逆に眠くなりません。
脂肪分も以前より摂るため「肌もキレイに♪」 透明感が出ました。

良ければ 参考に 糖質制限

ご自分の身体の調子は、自分が一番の観察者。
その時々・・・ あなたの体調にあわせ、ゆっくりおやりになってみてください。

 「最適な治療方法
」 のご参考になれれば 嬉しいです。