健康ですか?  自分で治すHowToDo♪

< 質問です・・・  お体は 健康 ですか?>

世界保健機構:WHOによる 「健康の定義」

「健康とは、身体的、精神的ならびに社会的に良好な状態であることであり、単に病気や虚弱でないことにとどまるものではない。到達しうる最高度の健康を享受することは人種・宗教・政治的信念・経済的ないし社会的地位のいかんにかかわらず、すべての人類の基本的な権利の1つである」

との事で・・・

◆ 虚弱や病気出ないばかりではない
◆ 身体的には体力値が高い
◆ 知的には適切な教育を受けられている
◆ 社会的(家族・地域社会・職場)では豊かな人間関係がある、
◆ 精神的にも安定している状態である


とするものが 健康 だそうです。





私は幼少時から「不調続き」で、親もあきれるくらい・・・
病院通いが多い子でした。

「病気」なら治療ができますが、「原因不明」 の不調が多く
登校しては保健室通い 



本人は痛みを自覚していても 「 仮病に思われる 」・・・
情けない子供時代を過ごしました。

ですから 母の本棚から「家庭の医学」を引っ張り出し・・・

気が付いたら「 医療 オタク 」に(笑)




どういう症状になると  何が どうなるか? ・・・  
などなど 人の身体の不思議がいっぱい湧き

 「 家庭の医学 」
が、小学生で 愛読書に (笑)


幸い、今はWEB上でいろいろ発信してくださっている 医療関係者の方が多く・・・
本当に「感謝しながら」、勉強させていただています


ですから自分も含めて 「日々の健康管理の指標や心づもりとして」 ・・・

自分で調べた範囲、知識を得た範囲(@厚労省) 等などの内容を、皆さんにもご紹介したくサイトを作成し始めました。 


自分の身体は 自分が最高のドクター です。
なぜなら 自分の症状を一番知っているのは 自分自身だから

<あなたは 貴方の身体の最高の健康管理者なのです>



体質により、「一概に括れない健康」を ご自身で管理・・・
自分で 「元気をつくる」 ご提案です♪


日々の暮らしを管理 ・ 工夫して 健康長寿を目指しましょう! 
下記は各パーツごとの 「体の不調」 の治し方のご提案です。


< 自分で治す♪ 自己改善(治し方) のご紹介 >




頭痛
(頭が痛い 重いモヤモヤするとき改善法)

つむじ押し 磁気針で解消♪

耳鳴り」(耳が痛い 耳が遠くなった時の改善法)

ドルーゼン」(ほっておけない目の濁り改善法)

歯槽膿漏」(歯槽膿漏・口臭 口内の改善法)

肩こり」(四十肩 五十肩 も自分で治せます)

元気回復」(胸腺マッサージで免疫力アップ)

腰痛改善」(姿勢が悪いと体全体が弱ります)

便秘解消」(お腹は、第2の脳の司令塔♪)

体のゆがみ」(歪みをとって健康に♪)

膝イタ解消」(膝蓋骨のマッサージ♪)

足の曲がり」(浮足(うきあし)解消法)
NEW
冷え・痛み解消」(足指揉みで不調回復!)




「 病気 」と言えば?

その昔・・・ 
< 病気の疾病構造と言えば >
栄養不足 → 免疫力の低下 →感染症の増加

でしたが

昨今は・・・
栄養過多 → 肥満・脂質異常の増加→疾患の増加
 →  生活習慣病

となっています


昔は、「 食べられない生活環境から来る 」 「外敵汚染」が、主でしたが

→ 昨今は、「食べすぎ」 から来る 「自己内部」からの疾病が殆どだそうです。



生活習慣病と言えば・・・

死因のトップに上がる 三大生活病

1. 悪性新生物 (上皮癌 肉腫)
2. 心疾患
3. 脳血管疾患


その他の生活習慣病・・・

高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、歯周病、」肥満症、骨粗鬆症

→ が有名ですが・・・


 どれも 「自分で 防げる ものばかリです」

※ 悪性新生物(ガンでさえ、食生活で予防改善できると言われています。

最初の小さな「異変」に注意を払い・・・ 

→ 調べて「自己改善」していきましょう! 


まずは「自分の体調を把握」することが大切です。


< 例えば・・・ 「血圧」 >

血圧には、「平均血圧」と「脈圧」言うのがあるそうです。

→ 「平均血圧」が、通常より高いと →細い血管が「老化」しているそうです。

→ 「脈圧」が、通常より高いと → 太い血管が「老化」しているそうです。



お医者様に「血管が弱いですね」 と言われても 「何が原因か?」「どう弱いのか?」
下の ↓ ↓ 計算式でチェックしてみてください。

※ 原因が判らないのに「ただ処方のお薬」を、飲まないように

→ → 知らないうちに「薬で病気」になることがあるんですよ!!





< 血圧・判定チェック方法 >

「計算式は此方」 → →

「平均血圧」 「下の血圧」+「(「上の血圧」ー「下の血圧」)÷3
例) 例えば 最高血圧 120mmHg 最低血圧 70mmHg の人は 

 70 + (120-70) ÷ 3 = 87mmHg
※ 血圧の理想域は 最高血圧 120mmHg 最低血圧 70mmHg の間

判定 :  → この方は理想血管 と言う事になります。


例) 逆に 最高血圧 180mmHg 最低血圧 90mmHg の人は
 90 + (180-90) ÷ 3 = 120mmHg

判定 : → 老化血管 と言う事になります。



< 脈圧チェック方法 >

「脈圧」 「上の血圧」ー「下の血圧」
例) 例えば 最高血圧 120mmHg 最低血圧 70mmHg の人は

 120-70 = 50

※ 脈圧の理想域は 50から55 なので・・・
判定 : →  この方は理想脈圧 と言う事になります。


もし血管が老化しているようでしたら・・・  →

※ 生姜など血管を強くよみがえらせるものを多めに取りましょう♪
※ 食べ物ではトマトのリコピン
※ 納豆のキナーゼ
※ 玉ねぎの硫化アリル等  がおススメです。


お腹の腸フローラ(腸内細菌)を増やせると一つの食事から色々な酵素とあいまって栄養素(必要な部位へのエネルギー)に変わっていきます。 

◆ まんべんなく5大栄養素を食べる
※ タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル

◆ 消化を助ける為に「よく噛む」「ゆっくり食べる」
※ 吸収を薄める過剰な水分で、押し流すようなせっかちな食事は避ける

◆ 食後は吸収を高めるようにすぐ動かない

◆ 食事で不足する分はサプリで補う事もお勧めです

  下のブログは「食べ方」「出し方」に特化しています。

元気はお腹から! 「腸活」



ご自分の身体の調子は、自分が一番の観察者。
その時々・・・ あなたの体調にあわせ、ゆっくりおやりになってみてください。

 「最適な治療方法
」 のご参考になれれば 嬉しいです。